古着や古布は大切な「資源」です。平成30年4月から古衣料の回収拠点を16か所に拡大し、衣類等のリユース(再使用)及びリサイクル(再生利用)を推進します。

古衣料の出し方について

市民の皆さんから回収した古衣料は、中古衣料やウエス(工業用雑巾)として、リユース(再使用)及びリサイクル(再生利用)されています!
古衣料は必ず洗濯をしてから出してください。また、ビニール袋や紙袋から出して、回収ボックスに入れてください。

回収できるもの

紳士服・婦人服・子供服、着物、帽子、タオルなど

Tシャツ、Yシャツ、ブラウス、ポロシャツ、セーター、カーディガン、 フリース、トレーナー、ズボン、ジーパン、スカート、コート、スーツ、ネクタイ、ダウン用品、ジャンパー、ジャージ、靴下、マフラー、ハンカチ、シーツ、布団カバー、タオルケットなど

回収できないもの

汚れているもの、濡れているもの、臭いのあるものは回収できません。

掛・敷布団、毛布、枕、ベッドマット、座布団、こたつ布団、丹前、端切れ、 じゅうたん、足拭きマット、雑巾、スリッパ、トイレカバー・マット、ペットに用いたもの、制服、作業服、皮革衣料品、ビニール合羽、下着、タイツ、ストッキング、カバン・バッグ類

古衣料の回収拠点について

下記の回収拠点(16か所)の入口付近に回収ボックスを設置しています。

回収拠点(開館日に古衣料を回収しています)
火曜日(AM) 向陽台コミセン、社会福祉協議会事務所、総合福祉センター
火曜日(PM) 北新コミセン、北桜コミセン
金曜日(AM) 祝梅コミセン、鉄東コミセン、総合福祉センター
金曜日(PM) 花園コミセン、富丘コミセン、北信濃コミセン
随時 中心街コミセン、北コミセン、中央コミセン、東部支所、支笏湖支所、消費者協会事務所

関連資料